合同会社とは 設立のすすめ

合同会社設立のすすめ

増え続けている合同会社


合同会社は平成18年5月1日に新会社法が施工され10年以上になりました。

現在、有限会社を設立することはできなくなり、合同会社がそれに代わるものとして期待されています。

合同会社の設立件数

今では年間2万件弱の合同会社が新規に設立されています。
設立件数の増加傾向は今後も続くことが予想されます。

スモールビジネスの代表的な法人



スモールビジネスとは、フリーランス、個人事業主、店舗、中小企業といった、大企業よりも小さい規模のビジネスのことです。


スモールビジネスを法人化

事業が順調に成長すると、個人事業主でも法人化を考え始めることが多いと思います。
法人化は主に株式会社か合同会社のどちらかになります。



株式会社にする必要がある場合
・取引先に株式会社でなければ取引できないと言われている
・株式会社という知名度が必要
・上場(株式公開等)することを予定している
・誰かに会社をまかせ、自分は出資をするだけである
etc...
合同会社がおすすめの場合
・とりあえず「法人格」のみが必要
・節税目的
・自分一人、家族だけなど、同族企業
・安く会社を作りたい
etc...

合同会社のメリット



株式会社と比較して合同会社のメリットは?

・コストが安い
・決算の公表義務がない
・その他法制度は株式会社と変わらない

株式会社と合同会社の設立費用の比較


株式会社
合同会社
会社の実印
印鑑による
印鑑による
定款印紙代
電子定款の場合0円
電子定款の場合0円
定款認証手数料
5万円
0円
定款の謄本代
約2千円
0円
登録免許税
15万円
6万円
合計
20.2万円
6万円


自分で会社設立や会計業務を行いたい方は


今、無料から使えるクラウド会計ソフト「freee」が大変便利に利用できます。
60万人以上の事業所が利用。クラウド会計ソフトシェアも第1位。

合同会社とは 設立のすすめ 合同会社とは 設立のすすめ Reviewed by masia02 on 11月 24, 2018 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.